2013夏 九州弾丸ツアー2013年08月04日 15時19分24秒

上の子供二人が、本格的に部活動に取り組んでいるので休みが合わず、昨年まで長く続けてきた夏の家族旅行は、今年から諦めるかと思っていたところ、長女が吹奏楽の行事で長崎に遠征するとのことで、それでは家族で追っかけをして、ついでに観光も楽しもうということで、急遽企画した今年の夏旅行です。

高校の合宿+演奏旅行として5日の行程の長女、3日休みを取って出向く嫁様と子供二人、1日休みを取って合流する父。 3チームバラバラに出発して、長崎の港で同じ時間を過ごし、またバラバラの行動を取る、慌ただしいものの、なかなか面白い体験でした。

月曜日滋賀を出発した娘を追って、火曜日の夕方3人が関空からLCCで福岡へ飛びます。短い旅程でも九州行を決断できたのは、安価な料金があったから。聞くところによると多少狭いものの十分な快適性だったとのこと。
このころ、まだ父は月末進行の仕事中です。。。

3人が博多でラーメンを食べている頃、父がのぞみの最終で博多に出発
追っかけの大移動が始まります。

無事、深夜に博多駅前のホテルで合流、翌朝早起きして、父は博多と福岡の街並みを楽しみながらランニング。大濠公園の池の畔のランニングコースはとても魅力的でした。

午前中少しだけの空き時間が博多であったので、ホテルの方に、どこか一か所、これだけは見ておいた方がいいところを教えてとお願いしたところ、櫛田神社の山笠常設展示とのこと。急ぎ足で寄り道します。
なるほど確かに素晴らしい絢爛な飾り。残念ながら祭りはすでに終わっていたようですが、雰囲気を味わえました。インターネットには情報が多すぎるので、ここ一番の調べ物はやはり口コミに勝るものはないのかも。

特急かもめで長崎まで移動。やや老朽化が見受ける車両でしたが、それでもJR九州の特急の乗り心地は素晴らしい。快適かつ高速で長崎まで2時間ほど。

長崎到着後、足早に市電で港まで移動。
港から、予約しておいた軍艦島クルーズの船に乗ります。

長崎港の沖合20kmほど沖合に位置する端島(はしま)が軍艦島の正式名称です。
三菱が開発した海底炭鉱の島は、当初岩の瀬だったものが埋め立てと護岸工事、さらには当時の東京都をしのぐ人口密度となった高層アパートの建築など、石炭の需要とともに、その威容が軍艦のような姿になったとのことです。

かなりうねりはありましたが、なんとか上陸することが出来ました。
奥に見える高層の建物が、端島小中学校。1階から4階までが小学校、5~7階が中学校と、現代の都会にあるような中高一貫の私立学校のような立派な施設です。

炭鉱の主要施設があった区域。毎回命がけで坑道に進む入口があった場所。現地ガイドの方には、当時の緊張感と、帰ってこれた時の安堵感についてわかりやすく語っていただきました。

大正5年に建築された日本最古の7階建て鉄筋コンクリート造りの高層マンション。

再び船から、居住区域のマンション棟を見学。
台風の時の高波はそれこそ屋上まで登ってきたということです。
隙間なく建てられた建造物の迫力に圧倒されました。

産業と歴史を語り継ぐ資産として、長崎市も相当力を入れて整備を進めている様子。世界遺産登録を目指しているようです。

上陸と現地のガイドを行っている民間業者は数社あり、良い意味で競争されているので、非常に洗練・訓練・熟練された運航だったので、感動しました。
ガイドさんの熱心さに、とても好感が持てました。
http://www.gunkanjima-concierge.com/

無事、港に戻り、少々休憩すると、船着き場隣の公園で、娘の出演するしおかぜ総文祭オープニングパレードがスタートします。
この行事は、同時期に九州で開催されている高校総体の文化系クラブ版。高校総合文化祭ということです。

これが、この旅の本懐。ビデオカメラを構えて、娘の姿を追います^^

長崎の港を背景とした、全国の高校のマーチングパレードはなかなか圧巻でした。
この景色は、子供たちにとっても良い思い出になることでしょう。

ほんの少しだけ、5人の家族が同じ時間を共有して、またバラバラに動き出します。

父は、急ぎタクシーで長崎駅に向かい、7時過ぎのかもめで、博多~のぞみ最終でとりあえず広島まで帰還。翌朝の始発で無事出勤。2泊1日の弾丸ツアー無事成功。

他の家族は翌日昼過ぎまで、長崎に留まり、平和記念公園や原爆資料館で平和学習。
あと、空港で佐世保バーガーにもありつけたとのこと。

慌ただしい、3日間でしたが、家族それぞれに思い出深い旅行になりました。

週末、再び家族5人が再会して、一緒に行動しなかっただけに、各々の話で盛り上がりました。別行動もなかなかいいのかも(笑)

一番衝撃的だったのは、長女が合宿練習の合間、移動中にある方から声をかけてもらったこと。その人にもらったという名刺をみると、なんと私の大学時代の同窓生で、結婚式にも来てくれた大親友の名前が。
旅行会社に勤務する彼は、どこかの高校の引率で長崎に来ていて、滋賀県の高校で吹奏楽部ということで、、わざわざ探して声をかけてくれたらしい。娘のことまでよく覚えていてくれたものだと感激しました。 日本は広いようで狭い。

さて、来年は総文祭、茨城開催とのこと。。。 また弾丸するかな。

夏休み京都日帰り旅行2013年08月18日 11時08分47秒

父母の仕事、子供たちの部活などにより、8月中に家族全員の休みが合うのは14日のみだったので、色々とやりたいことを凝縮して、日帰りで京都に出掛けました。

午前中は、ベタですが東映太秦映画村
怖いと評判のお化け屋敷に行きたいという長女ほかのリクエスト(笑)
20年ぶり位に訪れましたが、管内施設もいろいろと小幅にはリニューアルしているようで、
こじんまりとした日本のテーマパークの様相、忍者体験やトリックアート体験など
はんなりと遊ばせてもらいました(笑)

午後は、亀岡市に移動して、保津川下りのラフティング体験
あらかじめ、インターネットで予約しておいて、水着程度を持参するだけで、本格的な川下りの自然体験が楽しめます。想像以上に楽しい時間となりました。
ライフジャケット、ヘルメット、水辺用のシューズを着用し、安全説明を受けた後、
グループごとに出発
川の流れの緩急に、ラフティングボートの特性をうまく適合させて、様々な川下りの楽しみを経験させてもらった。船先が落ち込み、水しぶきを浴びるような急流では、家族全員奇声歓声大はしゃぎ。 この迫力はTDLやUSJでは味わえません。
ライフジャケット着用なので、色々な水泳遊びも用意されていて、岩場からの飛び込みなど、なかなか普段できない川遊びを満喫出来た。

いくつかの民間業者が馬堀駅近くにラフティングステーションを設置して、保津峡駅~渡月橋までのラフティングレジャーを提供している様子。

長崎の軍艦島もそうだったけど、良い意味で中小企業がお互いのサービスを競い合っていて集客にしのぎを削っている。今回お世話になったリバーアドベンチャークラブさんのサービスは非常に素晴らしく、安全面への配慮、親切で親しみやすい案内・進行、ITの活用などなど、非常にホスピタリティが高く、秀逸でした!またぜひ違う季節の保津川を楽しんでみたい。

川から上がり、再び京都市内、四条烏丸に移動して、夕食
以前、JLPの懇親会で2度ほど楽しませてもらった、サムギョプサルの「ベジデジや」さん。京都にも支店があるので、あらかじめ予約しておきました。
父だけ、仕事がらみとはいえ、美味しいものを食べるのは申し訳ないので一度家族を連れて行きたいと思っていたので、ちょうどよかった。

豪快に焼いた豚バラ肉をハサミで切って、キムチやナムルをトッピングしてサンチュで巻いて食べる料理。トッピングのバリエーションが豊かなので、手巻き寿司感覚で子供達にも大好評^^
ハンドルキーパーをお父さんが務めたので、嫁様もいろいろ味わえて、なんとか家族サービスになったかな。

旅の最後に、長女が生まれた伏見区の醍醐渡邊クリニックや15年前に暮らしていた社宅のあたりを少しドライブして、LONGファミリーのルーツを巡り(笑)帰宅
たった一日の慌ただしい家族の日でしたが、一日しかないのでお楽しみ盛り沢山てんこ盛りの夏休みを過ごせました。