大阪マラソン20152015年11月01日 12時19分25秒

先週は、二度目の大阪マラソン出走。

秋晴れの大阪の街を、3万人のランナーが駆け抜けるお祭りを楽しみました。

今まで以上に、色々な場所に思い出や思い入れがあり、大阪への感謝を感じながらの42キロでした。

20kmまでは、プラン通り、5分30秒弱で刻み続け、
そこからは、我慢して、、、と思いながら、事態急変
25km過ぎから、両足の脹脛があちこち断続的に痙攣を始め
30kmのエイドでは暫く走る事が出来ず。。。

塩サプリ等、色々万全の用意をして挑んだにも関わらず
筋肉が悲鳴を上げました。ウルトラでも足が痙攣することは
殆どなかったのに、本当にマラソンは奥が深い。

翌日からさしたるダメージも無く日常生活できていたので、
何か、トレーニングに足りない要素があるのだろうと思います。
おそらくそれは、追い込むこと。

ウルトラもあり、膝に水が溜まるのをやり過ごすため
ここ半年、レースペース以上で足に負荷をかける事がない
ペース走の練習しかして来ませんでした。

神戸マラソンまで、距離はセーブしつつ、インターバルやビルド走など
速いペースのトレーニングを入れてみようと思います。

とにもかくにも、4時間少しでマラソンをフィニッシュ出来た事は
地力が付いているということだと、前向きにとらえて、
次のレースに備えます^^

4:09:04.7

1 5:43.4
2 5:21.5
3 5:29.5
4 5:35.7
5 5:20.7
6 5:21.3
7 5:24.4
8 5:29.0
9 5:09.4
10 5:34.2
11 5:30.3
12 5:25.9
13 5:20.4
14 5:29.4
15 5:19.5
16 5:28.0
17 5:28.9
18 5:05.3
19 5:29.7
20 5:37.8
21 5:25.6
22 5:29.6
23 5:31.9
24 5:34.3
25 5:41.7
26 5:47.5
27 5:32.9
28 5:53.0
29 5:20.9
30 5:55.3
31 7:03.2
32 5:55.7
33 6:13.4
34 5:58.1
35 5:35.9
36 6:15.9
37 7:03.8
38 6:59.5
39 6:44.0
40 7:05.5
41 7:00.3
42 6:59.5
43 5:13.0

女性起業家応援カフェinわかやま2015年11月08日 13時53分44秒

昨日は、主催企画の「女性起業家応援カフェinわかやま」
沢山の方々の協力をいただいて、何とか成功裡に終える事が出来ました。色々なアイデアを実践した渾身の企画でした。

関西を代表する女性起業家であるチャイルドハートの木田さん
・ハッピーになるための7つの実践
・まず自分が磁石のように色々と周りの人を巻き込んでいくこと
 などなど、スタートアッパーにはとても興味深い話が満載で、まさにメイン講師にふさわしい素晴らしい方でした。

エメラルドクラブの福森さん
・子育てをしながらの創業、延長保育のお子さんを迎えにいったときの、ごめんねという感情を披露されていたのにグッと来ました。
・社長は決して楽なものではないと、聴衆に言い切っても、それでも福森さんの様な社長にみんななりたいと思ったはずです、それだけ引き込まれる熱い熱いお話でした。

わくらくの三根さん
・ご自身がスタートされる時の具体的なステップアップ、とても分かりやすく共感するお話でした。
・技術だけでなく、経営力や営業力がないとお金は稼げないというとても大切な事を教えていただきました。
・ビジョンを持ちながら、小さく生んで大きく育てる。とても大切なメッセージでした。

クロシオの深谷さん
・思いがけず歴史ある会社の社長を後継する苦労。自然体でコツコツと社長になって行った歩み、は3人の方とは違うプロフだけに、皆さん興味津々でした。
・従業員さんへの目配り、話を傾聴すること、ほめる事。やはり、既に立派な社長さんです。
・柔軟な考えで、アクションが早く、周りを綺麗にしている人が成長するとのこと、まさにご自身がそうなのですね。

40人の女性受講者の方は、起業は夢だけでは語れない事を感じながらも、輝く4人のお話を聴いて、前に進む勇気を与えられ、具体的な進め方のヒントを学んだ、と感じます。
この日生まれたご縁から、和歌山での女性起業家が沢山誕生してくれる事を願ってやみません。

ご来場いただいた皆様、ご協力いただいた皆様、有り難うございました。

結婚記念日2015年11月09日 07時07分26秒

本日は19回目の結婚記念日♡

一足早く、昨夜にショートケーキでお祝い。
共働きで忙しい中、平日ずっと子供達を見守ってくれている
嫁さんに、感謝の言葉を、きっちりと。

子供達への愛情はもちろんですが、仕事に対する考え方で
共感出来る部分が多いというのがここ数年。
家族の誰しもに、それぞれ変化が起き始めている、
明るく、ポジティブに乗り越えて行きたい。

「お母さんが人生を間違った日やw」と茶化す長女
間違ってくれなかったら自分らはおらへんのやで〜

神戸マラソン2015出走2015年11月15日 14時17分11秒

今年は都市型マラソンのくじ運が良い年^^

10月の大阪マラソンに続き、神戸マラソンに出走

間の3週間、仕事が忙しくなかなか練習ままならず
インターバル走練習で、短い時間でも身体に刺激を入れてみての
トライでした。

前日までの雨、当日も荒天かと思いきやレース前に雨が上がり、日差しも差して気温も20℃近くまで上がるコンディション
沿道で倒れているランナーが、2年前よりたくさんいたので、
厳しい条件であったことがわかる。

汗が噴き出し、給水もハイペースとなり、塩サプリもしっかり
取りましたが、25km過ぎでやはり右脹脛が痙攣をはじめ
3レース連続で後半の失速という結果になりました。

唯一の収穫は、直前話をしていた走る診断士初のサブスリーランナーとなった大学の後輩でもあるTさんに、「大きい筋肉をしっかり使う事を意識している。」と聞いた事を30km以降で実践したこと。

失速はしているものの、膝より上の筋肉を意識する事で、若干はペースを取り戻せた。
「まだ、脚はある。」ということを実感出来たので、何とかこの感覚を生かして、次こそサブ4を狙いたい。

4:09:08

1 5:51.4
25:42.6
3 5:34.4
4 5:28.3
5 5:35.0
6 5:24.2
7 5:26.6
8 5:29.9
9 5:30.3
10 5:30.1
11 5:29.4
12 5:31.1
13 5:49.4
14 5:28.3
15 5:38.5
16 5:39.5
17 5:41.6
18 5:38.5
19 5:38.0
20 5:43.7
21 5:43.3
22 5:34.1
23 5:42.9
24 5:36.8
25 6:19.3
26 5:34.4
27 5:30.1
28 6:34.8
29 5:35.4
30 6:26.9
31 6:42.4
32 5:51.2
33 6:47.9
34 6:12.1
35 5:39.4
36 6:16.6
37 6:37.6
38 6:55.7
39 5:47.8
40 6:10.4
41 6:14.7
42 5:56.0
43 3:27.9

ビワイチ 自転車で琵琶湖一周2015年11月22日 08時13分55秒

滋賀県民にとって思い入れの深い琵琶湖

湖岸を自転車で一周するビワイチは、湖の国のに生まれた男の子にとっては、自力で琵琶湖を一周するのは元服のようなもの(笑) 以前から息子とトライしてみようと話をしていてついに実現することが出来ました。

時間に余裕を持ち、気候が良ければ、本当にスポーツというよりは手軽なレジャーでした。北湖全体でおよそ8割位は道もきちんと整備されているので走行の安全も問題無し。
観光地など見所、美味しいもの、自然の絶景。見所沢山のビワイチは、滋賀県もレジャーとしての整備をソフト、ハード両面で整備しているようです。

琵琶湖自転車ツーリズム。 おすすめです。

ママチャリでも出来る、小学生でも出来る琵琶湖一周(北湖) 全行程158km
初日 彦根から湖北 長浜、木之本、西浅井、近江高島


二日目 高島から湖西 小松、堅田、琵琶湖大橋折り返して守山、八幡、彦根


初日、彦根の家から琵琶湖岸まで3kmほど。朝9時ののんびり出発です。
白波が立っている、、、やや北風の強いコンディションです。


彦根松原には、秋の風物詩蕪干し。外国人旅行者が物珍しいのか写真を撮っていました。


快調に、長浜。この界隈は13年前仕事をしていたところなので、思い出がそこかしこに。


長浜城、豊公園


旧びわ町〜高月までの道は良く整備されていて快適そのもの


湖岸で一番好きな景色、湖北町水鳥ステーションの辺り。夕景でないのが残念ですが、それでもやはり、美しい


西野トンネル。歩道がきちんと整備されているので安全で快適。
湖北のルートで唯一ミスしたのが賤ヶ岳トンネル。自転車は山の上の旧トンネルに行くべきが間違って国道のトンネルに入ってしまい、細い歩道・横を爆走するダンプに身の危険を感じました。。。


西浅井から、海津大崎、まきの、安曇川あたりは、日が暮れてしまい急ぎ駆け抜け、近江高島の旅籠長浜屋さんで一泊。9時にスタートして18時の到着でした。暖かいおもてなしに舌鼓。


明治時代から営業する長浜屋さん。歴史を感じさせる昔の許可証が飾ってありました。
おかみさんのやさしさに、おばあちゃん子の息子は別れが辛そうでした。


二日目は8時にスタート。ほどなく湖西の絶景。白鬚神社の鳥居に到着。


琵琶湖からややはなれるものの、湖西線の脇に自転車道が良く整備されていて、北小松から志賀辺りは快適


比良山の威容。


堅田辺りの琵琶湖岸。風もなく、とてものどかでした。


行程の山場の一つ、琵琶湖大橋。自転車で渡ると無料!
タイヤから琵琶湖周航の歌が流れます♫


琵琶湖大橋の頂上。湖西から守山の絶景


守山〜野洲〜近江八幡を足早に駆け抜ける。この辺りは学生時代に何度も通った道なので、懐かしく思いながら。 近江八幡大中の干拓地に。


能登川水車。13Mの大きさだそうです。水に親しむ家族連れが沢山集っています。


彦根に入り、新海浜。息子が大声をあげてビックリ! エンジングライダーで空中散歩する人


いよいよ、ゴールへ、犬上川を渡ります。帰って来ました。道は繋がっていることを実感


スタート地点に到着。今日は波も穏やかです。達成感で一杯の次男。男のハイタッチをしました^^


エピローグ〜 次男が大切で、心配で溜まらないおばあちゃんが迎えてくれました。
体力も精神も、少しづつ成長して、おばあちゃんを安心させてあげて欲しい。

次男の挑戦は無事終了しました。








五代友厚 大阪の恩人2015年11月23日 16時30分06秒

薩摩出身で、官職を辞し幕末から明治の大阪経済の礎を作った「大阪の恩人」五代友厚。

大阪出身の人でも、この方の功績を知る人は少ない。私自身も大阪商工会議所との縁で初めて知りました(汗)

NHKの朝ドラで、今般同時期に活躍した大同生命や日本女子大学の創設に関わった広岡浅子が取り上げられ、前半のキーマン・浅子を有形無形に導く役回りで五代が登場し、注目を集めています。

イケメン経済人であった五代の足跡を訪ねて、銅像などを写真に収めてみました^^

創設に携わり、初代会頭を務めた大阪商工会議所前の像
明治維新後の混乱期、戦争等に乗じて一儲けする粗悪な商売を排して、志しある商人が大阪経済の発展、相互扶助を目的として。というところが大商の最初の志だそうです。
大企業から中小企業、小規模企業まで薄く広くカバーしなくてはいけない、現在の商工会議所とは少し趣が違うかもしれませんが、大阪の経済をより良くしていこうという想いは一つ。恩人に見守られ、しっかり仕事せんといかん。

大阪取引所、大阪証券取引所前の像。
事業を行うため、「会社」という形態を導入するのに必要な仕組みを、大阪に創立した功績。取引所の高層ビルを整備した際にこの像が建立されたそうです。
像が向いているのは北西辺り!?自身の邸宅があった日本銀行大阪支店の方向を向いています。

大阪ビジネスフロンティア高校の敷地内にある像。
天王寺商業高校と東商業高校、市岡商業高校が一つになって生まれた新しい高校。
商業教育の普及にも力を入れた五代ならではの建立です。
大阪ビジネスフロンティア高校の生徒に、校内にある像の人知ってる?と聞いてみると、ちゃんと分かっているようでした^^  大阪の恩人に見守られ経済人として育って欲しい。

大阪取引所のはす向かいにある、光世証券の敷地内にある五大像
私もその存在を知りませんでしたが大商の方に教えて頂きました。
敷地の外からも見られる様になっています。

鹿児島県、JR鹿児島中央駅前広場にある、「若き薩摩の群像」の中に、座って未来を・英国を指差す五代像があります。
鎖国時代に、国禁をおかして薩摩から英国への留学生使節団が派遣される時、既に英国との実務で国情に通じ仲介役となれた五代は、日本の近代化のためには欧米列強の強さを、短期的な視察ではなく留学することで知るべきと、派遣を強く後押ししました。

鹿児島市内官庁・金融街の泉公園に建立されている五代像
薩英戦争で捕虜の恥ずかしめを受けたり、政才より商才の功績が目立つ五代は、島津や大久保と比較すると地元薩摩での受けが良くないかもしれませんが、朝ドラのおかげもあり、人気も高まってくるのではないか、と期待します。

最後に
大阪市阿倍野斎場にある、五代友厚の墓
ひときわ大きく、中心部にそびえるお墓
出棺の列を見送る人はそれこそ大阪の大通りを埋める人だったそうで、大阪における五代の人気がわかります。

「地位か名誉か金か、いや、大切なのは目的だ」
五代の名言を胸に刻みながら、素直に目的に従って、生きていきたい。







広岡浅子展 inあべのハルカス2015年11月25日 22時25分46秒

あべのハルカスにて、広岡浅子特別展が開催されているので立ち寄りました。12月1日までの期間限定企画だそうです。

大同生命による、パネル展示やショートムービーのほか、NHKによるドラマの展示もあり、両方とも楽しめる設えになってます^^

足跡を訪ねるマップももらえる、なかなかお得な企画。
地図を片手に土佐堀川界隈を歩いてみたくなる(^^)