東北旅行2019年05月05日 15時33分35秒

令和の時代がスタートしました。
連休の後半に、夫婦で東北を訪ねました。
鉄分が高めの夫の密かな楽しみであった北海道新幹線はやぶさで、仙台まで。
東京から仙台まで本当に近いことに驚いた。
日本最速320kmを体験できた。

急ぎ電車を乗り継いで松島巡り観光船
大変な人出でしたが、臨時体制で地元一丸となって観光客を受け入れていた。仁王島の威容を眺めました。

瑞巌寺、伊達政宗や松尾芭蕉ともゆかりの深い寺院。子供づれではスルーしてしまうところですが、夫婦だけなのでじっくり拝観できました。
道すがらずんだもちや牛タンを楽しみながら、円通院の庭園を散策。
1日目、なんとか日没までに青葉城に到達。
ここもなかなかの人出でした。
知人のエロい人に教えてもらった伏見小道の居酒屋さんで、三陸の海の幸に舌鼓。
ほや、初体験でした。日本酒も美味しかった。
夜の商店街を散策、東北随一の商業地。ここは他の都市と変わらない雰囲気。

二日目、早起きして中尊寺へ。ゆっくり拝観して、有難い数珠もゲット。
急ぎ盛岡まで移動して、初駒さんでわんこそば体験。
100杯食べた。とても良いロケーション。

さらに三陸海岸を目指し、龍泉洞に。透明度130mの地底湖を見学。
日本三大鍾乳洞とのことです。

さらに、三陸海岸を南下して、日没ギリギリに浄土ヶ浜に到着。
静寂の日本海、震災から復興した観光地を味わいました。

3日目、またまた早起きして、蔵王御釜に山岳ドライブ。
素晴らしい天気でしたが、あいにく水はまだ凍っているのでコバルトブルーは見られず。

時間を残せたので、最後の昼ごはんに牛タン定食を有名チェーン利久にて、
厚切りの牛タンが最高に美味しかった。
旅の締めに、仙台駅でずんだシェイク。大人気店で地元の人も行列を作っていた。

関西人にはなかなか縁のない東北(と言っても宮城と岩手のみ)を満喫できました。
さらに、いろいろな見所があるので行ってみたい。
目にも心にもお腹にも、ごちそうさまでした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://long.asablo.jp/blog/2019/05/05/9068728/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。