父との別れ2018年04月10日 01時41分12秒

父を看取りました。
なんとか通夜が終わり明日が告別式です。

お仕事関係の皆様、色々と配慮をいただいており本当に有難うございます。ご迷惑おかけしております。なるはやで復帰いたします。

この4年間、どんどん衰えていく父を支えてくれた、介護や医療に従事する方々には、本当に感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。そして見送る葬祭業の方も凄い。サービス業の真髄を見る思いです。

母も十分やりきったと。息子としても精一杯そばにいて、十分色々な話を聞けたので、納得して見送れる、のかなあ。

8年ほど前、たまたま、親父と二人になる機会があり
父と酌み交わした時、今までの仕事遍歴をインタビューしたことがありました。
http://long.asablo.jp/blog/2010/01/07/4800984
戦後の復興から、高度成長期、バブルの崩壊、何度も経験した起業や廃業。
生きていくために、汗と泥まみれでたくさん働いて、色々な仕事をして、小規模企業を経営した父のことを、深く知って、バトンをもらった気持ちになりました。

安心して旅立って欲しい、息子の中に親父は生き続けます。
父のように、小さくても商売して幸せな家庭を築ける社長を、一人でも多く支援しよう。

父から、屋号と法人は受け継いで。形は変わりますが、小規模企業のためになれるよう、頑張ります。

写真は、50年以上前、千里山で電器商をしていた頃のものらしい。意欲が渦巻いて活気のあった昭和の日本を父は駆け抜けました。

RIP My Father

2018春、瀬戸内家族旅行2018年03月25日 19時02分43秒

備後・安芸への家族旅行に出かけました。



父は、街づくり

や観光地、商業施設の視察名目も兼ね。子供たちは可愛い動物に癒される旅、美味しいもので嫁様もご満足。
いろいろいただいた情報のおかげで、素晴らしい旅になりました。

鞆の浦
、尾道、因島
大久野島、三原、竹原。

父4年ぶりの鞆の浦では、漁港の情緒もさることながら、お寺の界隈にたくさんの猫に癒されました。


尾道でも、千光寺に至る猫の

小径
で家族のテンションが上がる。父としては商店街やU2,サイクルツーリズムの整備が興味深い。

早起きしていった大久野島では、喰いつきの良い兎の歓待を受けました。陸軍毒ガス工場の遺構も興味深いものでした。


浮かせた時間を使って、竹原まで行くことができ、歴史的な街並みやお好み焼きを堪能。


最後に三原城址や、
福山城まで眺めることができ、盛りだくさんでした。今まで通過する事しかなかった三原駅の界隈の歴史を知ることができました。

長女は予定があり途中で離脱するなど、いろいろハプニンングはありましたが、なんとかみんな楽しんで帰宅の途に。楽しんだ分、年度末最終週を乗り切って、新年度に突入しよう。




伊勢神宮参拝2018年01月28日 23時49分18秒

先週末、初詣の人でもおさまった頃かということで
嫁さまと伊勢神宮に参拝。

予想外の大渋滞でしたが、参拝そのものは待ち時間もなく
外宮、内宮を巡り、この一年の平穏を願う。

おかげ横丁、夫婦岩も堪能しました。

うまく観光地化した門前町。
お金はよく落ちていますが、おもてなしする店舗の
ホスピタリティーは、いろいろでした。。

関東旅行2017年11月06日 12時23分38秒

早朝から嫁様と新幹線に飛び乗り、関東へのlittle trip

藤沢から江ノ電に揺られ、江ノ島から鎌倉の鶴岡八幡宮。湘南新宿ラインで都心に移動して、六本木。

この日一番の目的地。東京ミッドタウンにてグッドデザイン賞の展示会。ご支援している大正区の町工場が作ったプラスチック成形コップが、日本を代表する企業の展示に並んでいることに感動しました。
手にとって見てもらっているのを、目を細めながら見守っている私は、ほぼ不審者でした(^_^;)
プロダクトデザインだけでなく、街づくりやビジネスモデルなど、ベスト100の展示はなるほど面白く見学しました。

銀座に移動して、結婚記念日のお品選び( ̄∇ ̄)
新しい商業施設、GINZA SIXも視察。

最後は日本橋に移動して、長女と合流し、先日オープンした、滋賀県の物産店、ここ滋賀を訪問。滋賀でもなかなかここまで県内産にこだわったショップはないので、素晴らしい。
二階のレストラン滋乃味で、地酒や鮒寿司、近江牛を堪能。。東京の方、是非是非散財しに来て下さい。

明日は浦和と舞浜に分かれて別行動^_^
ルヴァンカップの決勝戦。セレッソの優勝を見届けます

助手席デビュー2017年09月10日 12時49分11秒

娘の運転する車の助手席にデビュー🚗
彦根城の外堀沿いをドライブ。

なかなか感慨深い(^^)、と感傷に浸るどころではないスリルの連続(^^;;
スーパーの車庫入れはカオス状態( ゚д゚)

ベビーシートに乗っていた赤ちゃんが、ついに自分の車のアクセルを踏んでいる、時間が流れていることをしみじみ感じます。

2017夏の思い出2017年08月12日 19時16分05秒

昨日は夏休みのハイライト。
滋賀から大阪に帰省して、両親と孫がつかの間の交流をした後は、夏のお楽しみ^^

あべのハルカス、マリオット都ホテルのランチブッフェから、展望台、京セラドームに移動して、オリックス対楽天の試合観戦。という、南大阪を満喫するコース。
私にとってはごく日常的なエリアも、彦根在住の家族にとっては非日常のバカンスとなりました。

気取らないで楽しめるマリオットは家族連れにもぴったり。さらに上下移動だけで展望台の眺望が楽しめるのはハルカスの魅力であり、短い時間で色々楽しめます。

ヤンマースタジアムや太陽の塔など、最近行った(連れて行かれた)スポットを見つける息子。まあまあ楽しんでくれた。家族で一番プロ野球に詳しいのも息子なので選手情報を色々教えてくれました。

野球観戦では、応援合戦に興味津々の嫁様、選手ごとの応援歌やチャンステーマで一緒に踊る振り付けなどなど。やはり、現地観戦は面白い、たくさんのショーアップを楽しみました。今度はタイガースの応援も見てみたいと^^ドームでチケット取れるんやろか。

個人的に一番印象に残ったのは、たくさんの新しいファンを獲得しつつも、バファローズファンには、昭和の近鉄バファローズのまま、応援を続けるおっちゃんが結構いるということ。タイムスリップして大阪球場や藤井寺球場に来たのかと錯覚する雰囲気でした。Bsには色々な人が思いを乗せている。サッカーもいいけど、野球もまた楽しい。


蛍との再会2017年06月05日 07時24分01秒

もう、15年くらいは続けている、この時期の蛍狩り。

長浜のおりひめさんで食事をして、その後旧山東町の蛍発生地で、
蛍を眺める。

少し肌寒く、活発には飛んでいないものの、たくさんの蛍を眺めることが
でき、家族の思い出に、また1ページが加わりました。

毎年続けて同じことをして、家族の変わること、変わらないことを、しみじみと確認できる機会はずっと持ち続けていたい。

彦根眺城フェス ブルーインパルス2017年06月05日 07時16分00秒

今年は、国宝彦根城の築城410年を記念した数々のイベントが行われています。

昨日は、眺城(ちょうじょう)フェスと銘打って、彦根城の空にブルーインパルスの展示飛行が行われました。
金亀公園では井伊椀グランプリ。彦根市内の飲食店による食フェスです。

城から3kmほどの我が家のベランダからも、バッチリ見学できました^^
そこかしこで、歓声が上がっています。

井伊椀グランプリは、近所の千成亭さんが受賞されたとのこと、これまたおめでたい。

快晴の日曜日に彦根の街じゅうが盛り上がり、素晴らしい1日です。


鹿児島、屋久島旅行20172017年03月30日 05時49分57秒


春休みの家族孝行ということで、先週末から、嫁様への感謝を込めた鹿児島弾丸ツアーを敢行しました(^^)


徹夜でpeach、天文館、指宿砂蒸し温泉。さつま揚げ、高速船で屋久島、海の幸





早朝から登山を開始し、ウィルソン株、大王杉、縄文杉に昼ごろ到着。膝は悲鳴(^_^;)。




大川の滝、千尋の滝、本土に戻り、城山公園から桜島を一望。





なんとか家族にご満足いただきました(´∀`)

鹿児島はやはり良いところ。離島も含め観光客へのおもてなし精神が徹底されていました。また来たい(^.^)


二泊した屋久島安房港の鶴屋さん。元料理人が帰島して事業承継したお宿だそうで温かい家族的なもてなしでした。

http://yakushima-turuya.jp/

離島で暮らすことや経営のこだわりについての話を興味深くお話し(^_^;)父は半ば仕事モード。


今回、子供たちも大きくなり次男しか帯同できなかったのは少し残念ですが、それでも我が家にとってとても思い出深い濃厚な思い出となりました。

2017お正月休み2017年01月03日 15時55分14秒

今年のお正月は、家族5人で信州にスキー合宿
白馬村の五竜とおみ&白馬47スキー場です。

あいにくの、雪不足で、ベース付近は土がそこかしこに
見える状態ながら、ゴンドラでトップに上がると
なかなかの雪質と1M位の積雪で、良いコンディション。
天気にも恵まれ、白馬連峰を眺めながらの
ファミリースキーを楽しむことができました。

コルチナから鹿島槍までの共通券を今年から
発行(遅すぎるくらいか、、)するなど、少しずつ変わっていく
白馬のウインターリゾート。

関西から、遠いものの、やはり魅力的なエリアです。

子供も大きくなり、これが5人では最後の旅行になるだろう。
良い思い出ができました。