ヤンマーミュージアム見学2017年12月10日 19時11分34秒

昼から、長浜市のヤンマーミュージアムを見学しました。

ヤンマー株式会社が、創立100年事業として設置した、体験型ミュージアムです。
パワーショベルやプレジャーボート操縦シュミレーターなど、子供連れに人気の施設ですが、大人も十分楽しめます。

ディーゼルエンジンの仕組みや開発の歴史。長浜市を中心に地域を大切にしながら発展してきたヤンマーの歴史を学ぶことができます。残念ながらTVから引退したヤン坊マー坊に再会できたのも、おっさん世代には嬉しい。

この近辺を担当して外回りしていた時、高月町が発祥の地とはいえ、なぜこんなに中規模な工場が未だに散在するのか、よく理解できていませんでしたが、やっと知ることが出来ました。貧しい農家に生まれた創業者が、地元農家の雇用を創出するためという、社会貢献の姿勢が一貫しているとのこと。ヤンマーホンマに素晴らしい。

館長と、セレッソ観戦で知り合わなければなかったこの機会。つないでくれたセレッソ大阪にも感謝。

「美しき世界は感謝の心から」創業者の精神を学びました。

セレッソ大阪 ルヴァンカップ優勝2017年11月06日 12時26分25秒

セレッソ大阪の初タイトルを見ることが出来ました(*^_^*) 感動です。

興味はありながら、特に贔屓のチームがなかったJリーグで、乾貴士選手の移籍や、会議所の縁があってファンになり、足を運びだしたのは2009年頃。その後、色々あり、、

鹿島にボコられて降格した試合、福岡に追いつかれて昇格を逃した試合もスタジアムで観戦していました。辛い思い出やなぁ

今日の試合もラッキーな先制点はあったものの、ひたすら攻められる展開。ここ三年、この展開で何度、追い付かれ、逆転されたことか(-_-)

アディショナルタイムにソウザ選手のダメ押しゴールが決まった時は、一生分叫びました。

功労者が代わる代わるカップをあげる祭りを見ていて、いい組織だなとしみじみ思いました。
だいぶ重たくなったモリシを胴上げしておいて最後は落とすという、お約束もあり、最高の埼玉スタジアムでした。

関東旅行2017年11月06日 12時23分38秒

早朝から嫁様と新幹線に飛び乗り、関東へのlittle trip

藤沢から江ノ電に揺られ、江ノ島から鎌倉の鶴岡八幡宮。湘南新宿ラインで都心に移動して、六本木。

この日一番の目的地。東京ミッドタウンにてグッドデザイン賞の展示会。ご支援している大正区の町工場が作ったプラスチック成形コップが、日本を代表する企業の展示に並んでいることに感動しました。
手にとって見てもらっているのを、目を細めながら見守っている私は、ほぼ不審者でした(^_^;)
プロダクトデザインだけでなく、街づくりやビジネスモデルなど、ベスト100の展示はなるほど面白く見学しました。

銀座に移動して、結婚記念日のお品選び( ̄∇ ̄)
新しい商業施設、GINZA SIXも視察。

最後は日本橋に移動して、長女と合流し、先日オープンした、滋賀県の物産店、ここ滋賀を訪問。滋賀でもなかなかここまで県内産にこだわったショップはないので、素晴らしい。
二階のレストラン滋乃味で、地酒や鮒寿司、近江牛を堪能。。東京の方、是非是非散財しに来て下さい。

明日は浦和と舞浜に分かれて別行動^_^
ルヴァンカップの決勝戦。セレッソの優勝を見届けます

ビワイチ 女・男2017年10月01日 19時18分37秒

賀のお仕事が多かったハードな日々。無事なんとか乗り切り、週末は琵琶湖までランニングや、終わったセミナーの資料を今後のために整理。分厚い(^^;)固まりが、。

嫁様と娘はビワイチ🚙に出かけました。天気もいい初秋の琵琶湖。忘れられない思い出になる女子会になるでしょう。慣れない運転で景色どころではないかも。

LINEに流れる写真を見ながらのビワイチもまたおつなものです。

此れ幸いに、こちらも思春期の息子2人を回る寿司で釣って夜に男子会をやろう(*^o^*)
tag

助手席デビュー2017年09月10日 12時49分11秒

娘の運転する車の助手席にデビュー🚗
彦根城の外堀沿いをドライブ。

なかなか感慨深い(^^)、と感傷に浸るどころではないスリルの連続(^^;;
スーパーの車庫入れはカオス状態( ゚д゚)

ベビーシートに乗っていた赤ちゃんが、ついに自分の車のアクセルを踏んでいる、時間が流れていることをしみじみ感じます。

2017夏の思い出2017年08月12日 19時16分05秒

昨日は夏休みのハイライト。
滋賀から大阪に帰省して、両親と孫がつかの間の交流をした後は、夏のお楽しみ^^

あべのハルカス、マリオット都ホテルのランチブッフェから、展望台、京セラドームに移動して、オリックス対楽天の試合観戦。という、南大阪を満喫するコース。
私にとってはごく日常的なエリアも、彦根在住の家族にとっては非日常のバカンスとなりました。

気取らないで楽しめるマリオットは家族連れにもぴったり。さらに上下移動だけで展望台の眺望が楽しめるのはハルカスの魅力であり、短い時間で色々楽しめます。

ヤンマースタジアムや太陽の塔など、最近行った(連れて行かれた)スポットを見つける息子。まあまあ楽しんでくれた。家族で一番プロ野球に詳しいのも息子なので選手情報を色々教えてくれました。

野球観戦では、応援合戦に興味津々の嫁様、選手ごとの応援歌やチャンステーマで一緒に踊る振り付けなどなど。やはり、現地観戦は面白い、たくさんのショーアップを楽しみました。今度はタイガースの応援も見てみたいと^^ドームでチケット取れるんやろか。

個人的に一番印象に残ったのは、たくさんの新しいファンを獲得しつつも、バファローズファンには、昭和の近鉄バファローズのまま、応援を続けるおっちゃんが結構いるということ。タイムスリップして大阪球場や藤井寺球場に来たのかと錯覚する雰囲気でした。Bsには色々な人が思いを乗せている。サッカーもいいけど、野球もまた楽しい。


地域クラウド交流会 in 近江八幡2017年07月22日 17時49分39秒

近畿初開催! 「第1回近江八幡地域クラウド交流会」に参加。

昨年の近畿経済産業局の会議で紹介されていた、創業支援地域活性化の新しい手法です。関東ではすでに40回以上開催されているようです。

サイボウズさんのクラウドシステムを使うことも特徴ですが、より重要なことは「会いに行けるクラウドファンディング」という設え。地域の事業者を身近に感じられ、応援したくなる仕掛けがたくさん施されていました。

新規事業にトライしている地元の方が5名プレゼン登壇し、事業の紹介を行い、会場にいる方が応援したい人に投票して、参加費1000円の半分は投票に応じて事業者に配分されるという仕組み。

その他当日の運営を盛り上げるチームや投票を受け付けるスタッフも事業者や行政の方々で、会場のあちこちで交流が行われます。私も、なかなか普段お会いできていない滋賀の方々にたくさんお会いすることができ、とても有意義でした^^

民と民が有機的にクラウドにつながっていく中で、公的機関や金融機関ともつながれる場に発展していけると感じました。ただ最初は商工会や商工会議所のサポートが欠かせない。事務局の方々お疲れ様でした。

終了後、その場で懇親会を行うのではなく、街に繰り出して地元のお店で打ち上げしましょうというのもいいですね。

首位浮上2017年07月09日 09時08分19秒

尹監督のもと、粘り強く戦う、勝ち切る集団になった我らがセレッソ大阪

柏レイソル相手に鋭いカウンターから先制を許しましたが、
後半に杉本選手、ソウザ選手のゴールで逆転

その後、必死の守りで粘り、時折鋭いカウンターで
相手お脅かす展開で、タイムアップ

ついに暫定ではなく、堂々の首位浮上
追われることを経験していないチームに必要なことは
目の前の1試合1試合をただ全力で対応することが大事
監督が、プレスにそのように発言しているのが頼もしい。

まだ15試合以上もあるので、一戦必勝です。

夏のイベントも盛りだくさんのセレッソ。
現場もフロントも、サポーターも一体となった雰囲気は
ここ7年のサポ歴でなかなか感じられなかったので
嬉しい。

レッツノート SSD換装2017年06月30日 19時33分56秒

昨日は、お休みをいただいて静養。喉も身体も疲れ気味なので、1日家に引きこもり(^^;

ずっと寝ているのもあれなので、時間のかかるパソコン作業を。HDDをSSDに換装しました。

7年前のPanasonic Let's note CF-S9。
素晴らしい名機ですが、さすがに古くなり、なにかと動作が重く、ハードディスクがビジー状態になりっぱなし。

最近パソコンを買い換える診断士が多いので、新製品を見て物欲をそそられましたが(^^) 本体はポチらず、SSDで我慢。

色々ネットの情報を見ながら作業。意外と簡単でした。既存のHDDのクローンをSSDに作り、裏蓋を開けて慎重に交換。

ドキドキしながら再起動すると、驚速!あっという間のログイン画面、ログイン後のデスクトップも直ぐに表示。あらゆる作業も重だるさがなくなり快適です。
重い道着を脱ぎ捨てたピッコロの気分(^^)

お気に入りの愛機、もうしばらくは現役で頑張ってくれそうです(o^^o)

蛍との再会2017年06月05日 07時24分01秒

もう、15年くらいは続けている、この時期の蛍狩り。

長浜のおりひめさんで食事をして、その後旧山東町の蛍発生地で、
蛍を眺める。

少し肌寒く、活発には飛んでいないものの、たくさんの蛍を眺めることが
でき、家族の思い出に、また1ページが加わりました。

毎年続けて同じことをして、家族の変わること、変わらないことを、しみじみと確認できる機会はずっと持ち続けていたい。